IBJ加盟の結婚相談所

Now Loading...
読み込み中です。再度ボタンを押したりせずに、そのままお待ちください...

モテる男性の初デートに使えるテクニック

婚活ブログ すべての地域

結婚相談所5℃代表岡田優花です。

 

モテる男性はデートの時にどんなテクニックを使っているのか気になったことはありませんか? デートのチャンスがあっても次回に繋げられなければ意味はありませんね。もう一度会いたい!と、思わせるためにモテる男性が使っているテクニックをご紹介していきます。

1.ドキドキを共有出来る場所を選ぶ

 

人は好きな人といると心拍数が高まってドキドキします。この状態が続くと自分は相手を好きなんだ!と自覚します。 実は、恋愛のドキドキとお化け屋敷のドキドキ、ジェットコースターのドキドキは全て同じなんです。ですので、モテる男性はこれを利用しています。極上のドキドキ感を二人で共有することでそれがそのまま愛情になるんです。モテる男性は、お付き合いしたい方とのデート先に、お化け屋敷絶叫系アトラクションや、劇的ナ映画、激しいスポーツなど、二人でドキドキを共有できる場所をチョイスしています。

 

2、初デートは二人きりで

初デートは、緊張してしまうからグループで。と考えてしまう男性がいますがモテる男性は必ず二人きりでデートをします。なぜなら、二人きりでないとドキドキの共有が出来ないからです。お付き合いしたい方が、あなたにドキドキしているのか、お友達にドキドキしているのか、ドキドキの対象が誰なのか分かりづらくなってしまいます。そのため、モテる男性は必ず初デートを二人でします。

 

3、初デートは短かめに

初デートは特に、出来るだけ長くお相手の方と一緒に居たいと思ってしまいますよね。でも、二人で会う時間は長ければ長いほど良いという訳ではありません。やることやスケジュールがきちんと計画されている場合なら良いのですが、時間を持て余してしまうのは絶対にNGです。モテる男性は限られた時間を共にし、もっと一緒に居たいとお相手に思わせたところでデートを終了し、名残り惜しさを演出します。楽しかった、まだ帰りたくなかった、また会いたいな、と思わせることが重要なポイントです。

4、ロマンチックとは?

先程も書きましたが、まずはお相手をドキドキさせなくてはいけません。例えば、真昼間の晴天で告白されるよりも、夜景を見ながらの方がドキドキしませんか?明るい時間帯のカフェも素敵ですが、ライトアップされた夜のカフェは雰囲気がでますよね。 ロマンチックな場所っていうのは、基本的に全て暗いんです。実際に、暗い部屋と明るい部屋にいる男女では、暗い方が親密度が上がったという研究結果も出ています。モテる男性は、そこを理解していますので初デートの時間帯を昼間ではなく、夕方以降に設定することが多いんです。

 

 

5、必殺、ミラーリング!!

ミラーリングとは、相手の行動を真似ることで無意識に好意を感じる心理効果があります。例えば、歩く速度を合わせるのは基本ですね。それと同じで、お相手が食べたら自分も食べて、お相手が水を飲んだら自分も水を飲む。あからさまにやるのはNGですが、モテる男性はさりげなくミラーリングを意識しています。お相手と同じ動作をすることで、あなたと似ていますよ、同じですよ、というサインを送れるからです。

6、まとめ

如何でしたか?どれも簡単に実践できるテクニックばかりですね。こんなことで良いの?本当にモテるの?なんて思った方もいるでしょう。けれど、実際のデートでこのようなテクニックを使いこなせている方は実はとても少ないんです。出来ているつもりでもお相手に伝わっていない場合もあります。また、このようなテクニックを知っているかどうかで、デート時に大きな差が出ますので、しっかり勉強しチャンスを逃さないようにしましょう♡

 

執筆者

 

この記事を書いたカウンセラー在籍の結婚相談所を見てみる