IBJ加盟の結婚相談所

Now Loading...
読み込み中です。再度ボタンを押したりせずに、そのままお待ちください...

モテル男性には共通点がある!女性がドキッとする男性のモテ仕草

婚活ブログ すべての地域

結婚相談所5℃代表岡田優花です。

今日は、女性がドキッとする男性の仕草や行動について考えてみました。ありきたり、と思うかもしれませんが、実際いつもとは違うギャップに女性はグッとくる女性は多いんです♡その他にもキュンとしちゃう仕草などを紹介していきますので男性の皆さん、ぜひ参考にしてくださいね!!

 

1.豪快にご飯を食べる男性にドキッ

 

①豪快にご飯を食べる男性にドキッ

きれいに食べる姿はもちろんときめきますし惚れポイントです。けれど、意外にガツガツ食べる姿にドキッとしてしまったりするんです。洒落なお店などではNGですが、牛丼屋、定食屋で男らしく豪快にかき込む感じが良いんです。

手料理を出したらこんな風に食べてもらえるのかな?なんて想像が膨らんでしまうのが女性なんです。

2、眠たい目をこする男性にドキッ

仕事がんばりすぎたなあ…ちょっと疲れたなあ…と眠たい目をこする仕草はなぜかセクシーに見えてします。一瞬だけ見える素の表情に、いつもとのギャップで惹かれてしまうんです。また、とても可愛く見える仕草でもあるため、母性本能をくすぐられてしまう女性が多いんです。

 

3、甘いものを幸せそうに食べる姿にドキッ

甘いもの=女性というイメージはもう古いですね。今はスイーツ男子なんて言葉もあるくらい、男性も甘いものを好きな人が増えてきましたね。甘ーいスイーツを、美味しそうに、幸せそうに食べていたら、弟的な可愛さについドキッとしてしまいます。思わず、一緒に食べようって言いたくなっちゃいますね。

 

4、自分の手の届かない場所にあるものをサッと取ってくれる男性にドキッ

女性は助けられるとすぐにドキッとしてしまうものです。自分で何とかして取ろうとしている時に、取りましょうか?と聞かずにサッとと取って渡されると男性的な優しさにグッときてしまいます。また、声をかけず、スムーズというところが胸キュンを倍増させるポイントです、

 

5、さりげなく荷物を持ってくれる男性にドキッ

男性の優しさが感じられるのがさりげなく荷物を持ってくれる時です。自然にさっと持ってくれる方がポイントが高いです。優しくて気の使える人なんだな、よく周りが見えているんだな、と感じられるからです。ですが、カバンはちょっとやりすぎですので、手荷物が多い時などにお試しくださいね。

6、開かない蓋を開けてくれる男性にドキッ

ペットボトルや缶コーヒーそして定番の瓶の蓋をさりげなく開けてくれる男性にドキッとしてしまいます。

男性との力の差を見せつけられた感と、自分が女性として見られているような気がしてドキドキしてしまうんです。

やはり、男らしい一面に胸キュンする女性は多いです。

7、車道側をさりげなく歩いてくれる男性にドキッ

女性を歩道側へ、自身はさりげなく車道側を歩く、ドキッとするポイントです。そして、これが出来る男性は婚活にとても強いです。車道側を歩いてくれるということは、女性や子供は守るべき存在だと考えていると想像できます。つまり、車道をさりげなく歩ける男性は優しくて紳士的な男性ということになるからです。結婚したら真ん中に子供が入るのかな、なんて考えてしまう女性も少なくないはずです。

8、可愛いはにかみ笑顔の男性にドキッ

豪快に笑う男らしい笑い方も魅力的ではありますが、最近の女性は、はにかんだ笑顔にドキッとしてしまう人が多いんです。女性は母性本能が備わっているため、ふにゃっとした顔で恥ずかしそうに笑う姿を見るとつい抱きしめたい、なんて思っちゃったりするんです。また、子供のように無邪気に顔をクシャクシャっとさせて笑う可愛らしい笑い方の男性も女性にとても人気ですよ。

9、腕まくりをする男性にドキッ

最初から半そでを着ていれば良いんじゃ、という声が聞こえてきそ68ですがそれは違います。普段は見えていない、ワイシャツやジャケットなど綺麗めな服装の時、というの2点ががポイントです。綺麗めな服装で腕捲りというギャップと、普段は隠れている明らかに女性の腕とは違う男性らしい腕にドキドキしてしまいます。腕の血管フェチな女性も多くいますので、男性のみなさんぜひ試してみてくださいね。

 

10、まとめ

女性がドキッとする男性のモテ仕草をご紹介してみましたが如何でしたか?そんな簡単なことで良いの?と思った方も、ハードルが高いなと感じた方もいると思います。口下手だし自信がないなという男性でも、この仕草をマスターすれば今より確実にもてる男性になるはずですが、一番大切なことは相手を想う気持ちということを忘れてはいけません。

 

執筆者

 

この記事を書いたカウンセラー在籍の結婚相談所を見てみる